さとちんdiary

普通の大学生が見たもの、感じたもの、考えたもの

読書はおもしろい『本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法』を読んで

 こんにちは。さとちんです。

 

本を読むことがより楽しくなってきました。本を読むことはなにが良いのかもっと知りたい。本を読むことの面白さを知りたい。そう思い、僕はこの本を手に取りました。

 目次

1章 本とは「何か」ー教養について考える

2章 本を「選ぶ」ー「おもしろそうな本」という鉄則 

3章 本と「向き合う」ー1行たりとも読み飛ばさない

4章 本を「使う」ー著者に左右される人、されない人

5章 本を「愛する」ー自分の滋養、他社への架け橋

 

 ある調査によれば、日本の大学生が大学在学中の4年間に読む本は、100冊程度だそうです。それに対してアメリカの大学生は、400冊。彼我の差は歴然です。「卒業後、仮に同じ会社に入ったとしたら、どちらが上司になるかは、わかりきったことだ」というツイートがありました。

何度もこのブログでも上げてますが、日本の学生の読書量が問題となっています。僕は本を読むことが全てではないと思っています。例えば、インターンシップやサークル、アルバイトなど自分を高められるものはたくさんあります。しかし、本を読むことで多くの知識を得られるとしたら、日本の学生の知識量は少ないのは明らかです。

 

高坂先生は国際政治学者として著名な方ですが、大学の原書購読の時間に、確かに次のようなことを言われた記憶があります。

「古典を読んでわからなければ、自分がアホやと思いなさい。間違っても大学に残って研究者になろうなって思ったらあかん。さっさと就職をしなさい。一方、現代の本を読んでわからなければ、書いた人間がアホやと思いなさい。

この言葉は僕の心にずっと引っ掛かりました。現代の本を読んで、理解できないのは僕(読み手)のせいだと思っていました。難しい漢字が使われていたり、分かりにくい言葉の使い方を使う書き手に問題がある。

書き手は読み手のことも考える。そう言われているようにも感じます。

 

「選挙とは、必ずしも信用のおけない候補者たちの中から、相対的に良さそうな人を選ぶ『忍耐』のことである」

政治家が自分が望む100%の政策を実行できるとは限らない。そのために必要なのは、候補者の中で一番望ましい人を選ぶこと。良い候補者がいないから、難しそうだからという理由で、選挙に行かない選択をしてはいけない。「選挙は忍耐」であると述べられています。

(僕もちゃんと選挙に行きました。)

 

こんな人におすすめ

 本の良さを理解できない人

 本の良さをもっと理解したい人

感想 

この本を読んで、本を読むのが好きな理由が改めてわかった気がします。それは「おもしろいから」です。著者の出口さんも本を読む理由を聞かれ「おもしろいから」と答えていました。本を読んで面白いと思ったから、皆さんに紹介したい。自分の考えを言いたい。それは著者と考えが一致していました。

 

関連記事

 出口さんが「お金」に関して書いた本


さとちん

小さな幸せ

シェアメイトにケーキを買った。2つ入りの小さなケーキ。

最近うつむきがちだったけれど、とても喜んでくれた。

そして元気になってくれた。

 

風邪をひいた友だちに薬をあげた。ついでにバナナとお水も。

朝寝込んでいた友達は、午後には回復した。

そして、元気になった。

 

大きなことができなくてもいい。

小さなことで自分も相手も幸せになれた。

相手への気持ちが大事なのだろう。

 

「お元気ですか。誕生日おめでとう。これからもお元気で。」

友だちに手紙を書いた。

返信は期待しません。友達が元気でいてくれたら。 

 

headlines.yahoo.co.jp

 

さとちん

期待をしすぎたらしい『思考の整理学』を読んで

こんにちは。さとちんです。

 

ブログを書いているけれど、自分の言葉の使い方や書き方に満足できていない。ブログで日々書いている内容、言葉の使い方をより良いものにしたい、そう思った僕はこの本を手に取りました。

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

目次

Ⅰグライダー 不幸な逆説 朝飯前

Ⅱ醗酵 寝させる カクテル エディターシップ 触媒 アナロジー セレンディピティ

Ⅲ情報の”メタ”化 スクラップカード・ノート つんどく法 手帖とノート メタ・ノート

Ⅳ 整理 忘却のさまざま 時の試練 すてる とにかく書いてみる テーマと題名 ホメテヤラネバ

Ⅴしゃべる 談笑の間 垣根を越えて 三上・三中 知恵 ことわざの世界

Ⅵ第一次現実 既知・未知 拡散と収斂 コンピューター 

学校はグライダー人間の訓練所である。飛行機人間はつくらない。グライダーの練習に、エンジンのついた飛行機などがまじっていては迷惑する。

学校では自分で飛び立てる人を作らない。更に学校ではテストの点や成績、課外活動の実績で人を判断することが多い。社会ではそれと異なる判断材料が使われる。そこには学校と社会との壁があるのかもしれない。それを理解して残りの学生生活を生きていこう。

 

書き上げた原稿を読みなおして、手に入れる。原稿は黙って書くが、読みかえしは音読する。すくなくとも、声を出すつもりで読むーこれを建前にしている人が意外に多い。そして、もし、読みつかえるところがあれば、かならず問題がひそんでいる。再考してみなくてはならない

書きだしたものを声に出してみる。その過程を通すことで、自分で文章が長いことに気づくことができる。それは自分の文章力を上げるためでない。相手(読み手)への配慮も含まれている。

 

動き出したら、あまり、立ち止まらないで、どんどん先を急ぐ。細かい表現上のことなどでいちいちこだわり、書き損じを出したりしていると、勢いが失われてしまう。

この言葉は僕に一番に当てはまった。学生なら レポートや論文を書かなければならない。学生にとってレポートは楽しくない。だから1日ずつ少しずつ書き足していくことがある。しかし、大切なことは「一気に書いてみる」ということであった。レポートの宿題で試してみようと思う。

 

こんな人におすすめ 

自分の文章の書き方に自信がない人

頭の中が混乱している人

思考の整理学 (ちくま文庫)

思考の整理学 (ちくま文庫)

 

 感想

この本には多くのレビューやブログでの評判があって、僕も読んでみた。多くの評判がある割に、僕にとって得るものは少なかった。期待をしすぎたのか、読むタイミングが今でははなかったのだと思いたい。

 

さとちん

人生なんて予想できない『こんな僕でも社長になれた』を読んで

こんにちは。さとちんです。

 

先月「もっと自由に生きたい」を読みました。そして著者の家入さんのことを少し調べてみて、とても破天荒な人生を歩んでいると知った。そして僕は家入さんのことをもっと知りたいと思い、この本を手に取りました。

こんな僕でも社長になれた

こんな僕でも社長になれた

 

 

目次

一章ー貧乏な家に生まれて

二章ー「ひきこもり」だったあの頃

三章ー長いトンネル

四章ー起業前夜

五章ーべポパ黎明期

六章ー成功、そして未来へ

 

 嘘みたいな話だけどその日から僕は、家にいる間、家族に隠れて鏡の前で何度も繰り返し「笑顔」の練習を始めたのだった。最初に目を閉じて思い出す。ちょっと前の自分。

 普通に話しかける方法がわからなくなってしまったいじめの経験。話しかけ方が分からなくなって、家で笑顔の練習をする。著者は長い苦しみを味わっていた。

 

いつになっても外に出るタイミングをつかめず、結局はほとんど毎日を、家に閉じこもって過ごすようになってしまったのである。

いじめられて、話しかけることも普通にできなくなった家入さんは高校を中退することに決める。そして、ひきこもりになってしまった。

 

学校に行けない、人の顔を直視できない、外に出られない。そんな悩みを抱えていたあの頃の僕に、今の僕から一つだけ、言葉を掛けてやれるとすれば、僕はこう言いたい。

「逃げることは悪いことじゃない」

不登校も、ひきこもりも、高校中退も経験した家入さんだから言える言葉だ。楽をしたいから逃げるのではなくて、苦しいことから逃げることだと述べられている。それは悪いことではなくて、大切なことである。

 

こんな人におすすめ

 いろんなことに悩んで、苦しんでいる人

自分に自信がない人

こんな僕でも社長になれた

こんな僕でも社長になれた

 

感想

いじめ、高校中退、ひきこもり。あらゆることを経験した家入さんだけれども、苦しい経験を乗り越えて、今がある。「逃げることは悪いことではない。」それは今の社会では受け入れられないかもしれない。しかし、命がなくなってしまうくらいなら逃げ出していいと家入さんは僕に教えてくれた。

 

関連記事 

 

さとちん

 

学生には重くて大きい。

 こんにちは。さとちんです。 

スーツケースは20kgまで。1kg超えてしまった。1年分の生活用品を減らすわけにはいかず、2000円をしぶしぶ支払った。留学に出発する時の出来事である。こういった小さなお金でも親に感謝することが多い。2000円もあれば5日は過ごすことができる。これは親からの仕送りを無駄遣いしないために努力を続けてきた結果である。もやしは安い。夕方にはスーパーへ。節約のために習得した買い方もいくつかある。浮いたお金で旅行を楽しみ、本を買い、自分への投資も忘れずにしている。学生にとってはお金が一番の悩みかもしれない。 福岡の悩みはこれかもしれない。3億8000万ものお金が盗まれた。3億円は30kgもするらしい。10kgは2万円の超過料金。何日生きられるだろうか。否、お金には一生困らないだろう。

 参考記事

福岡3.8億円強奪 車を押収 | 2017/5/19(金) 6:29 - Yahoo!ニュース

 

今回はコラム的な感じで書いてみました。自分の文章力を上げる努力をする。ニュースの感想を書く。そんな感じです。一生懸命書いてみると意外と難しいです。でも、自分の成長のために淡々と書いていこうと思います。

 

さとちん

 

プライドは捨てるもの 『本音で生きる』を読んで

こんにちは。さとちんです。

 

僕は今大学3年生。あっという間に就職活動が始まる。自分って何だろうとかんがえる機会が多い。悩んで、悩んで一日が終わることさえありました。「悩んでも前に進まない」と思い、この本を手に取りました。

 

目次

序章 なぜ、本音で生きられないのか

1章 良い訳をやめる

2章 バランスをとるな

3章 本音で生きられない理由は「自意識」と「プライド」である

4章 すべてを最適化せよ

5章 本音で生きるために必要なこと

 

実際に存在しない「世間」などというものは気にする必要はまったくないのだ。

僕もこれを読むまでは「大企業に就職すればいい」「有名企業が良い」という固定概念がありました。これは世間体を気にして、自分をよくみせようというプライドがあったからでした。日本に企業の99%は中小企業という報告もあります。そして一つ一つの企業に素晴らしさがあります。大企業に無理に就職しようとしなくても、「働きたい」と感じた企業で働くのもありではないだろうか。

 

考えすぎてしまう人間はいつもチャンスを逃す

考えすぎることはいいことではありません。それはできない理由を考えてしまうからです。考えすぎて、行動できなくなるくらいなら行動した方がいいです。読む前は、いつも何かするときに考えすぎてしまうことがありました。今は、そんな時に出会ったら「考え過ぎているぞ、動け!」と心の中で自分に問いかけるようにしています。

 

これほどまでになんでも得られる社会で、一つだけ心がけておくべきことがある。

それは"give,give,give"。つまり、惜しみなく人に与えるということだ。

 情報とか価値は自分に留めておくものではない。人にたくさん伝えることが大事だとも書かれていた。たくさんの情報を与えて、みんながwin-winの関係になるようにしていきたい。

 

こんな人におすすめ

現状に満足していない人

考えすぎて、前に進めない人

 感想

堀江貴文と聞くと、「お金が好き」「捕まってた人」というレッテルが貼られてると思います。しかし、僕が感じたのは「心に正直な人」という印象でした。それは「おかしいことをおかしい」と言うからです。ここで言う「おかしい」というのは、無意識に長い間行われていた社会の慣習や考え方などです。長い間無意識で行われているからこそ、固定化されてしまい、おかしいことに気づけない。そこに気づくことができる堀江さんは本当に心に忠実なんだと思いました。

 

関連動画

堀江貴文さん(ホリエモン)のスピーチ-近畿大学卒業式


さとちん

 

 

弱者は弱者なりの戦略がある。『小さな会社の稼ぐ技術』を読んで

こんにちは。さとちんです。

 

会社の戦略とは?

僕は将来、どこかの企業に就職するでしょう。どの企業も戦略、つまり会社独自の作戦を持っているでしょう。会社はどのように作戦を考えているのだろうか。分からなかった僕はこの本を手に取りました。

小さな会社の稼ぐ技術

小さな会社の稼ぐ技術

 

 目次

Part1 竹田式ランチェスター経営とは何か?

第1章 「頑張る=儲かる」ではない

第2章  弱者の戦略、強者の戦略 

Part2 弱者の4大戦略で利益は必ず出る

第3章 成功する商品の選び方

第4章 成功する地域の選び方

第5章 成功する客層の選び方

第6章 成功するお客の作り方

第7章 成功するファンづくり、顧客対策

第8章 夢の実現

Part3 困ったときに思い出してほしい竹田陽一語録

 

 大事なのは、とりあえず一歩前に進むこと。だれかのパクリでいいんです。今も私は、よく誰かのアイデアをパクります。そして、最初はパクリであっても、続けていると自分のスタイルが必ず出てきて、なじんでくるようになります。

 自分ができる限り一歩前に進むことが大切。完全な丸パクリは犯罪ですが、似たようなことをすることは犯罪ではありません。ブログを書くことも本の書評を書くこともアイデアをパクって、自分らしさで進めています。

 

小が大と同じことをやっても勝てない。弱者が強者に対抗するには「差別化(違うことをする)」や「一点集中」が有効な戦略になるのです。

 大企業と同じ方法で戦っても勝てるわけがない。なぜなら、強者は人もお金もたくさんある。だから弱者は弱者なりの戦略を立てて、攻めていく。それが弱者が強者に勝てる唯一の方法である。

 

夢や目標がないのは普通

これは迷ったときに思い出してほしい著者の竹田さん語録の一つです。人生、どこでなにが起きるか分からない。著者は自分の強みを伸ばすべきだと述べています。僕も○○になりたいというような大きな夢はありません。そして、強みさえ分からない。だから、僕は達成したいことを考えています。そのために出来ることは何だろうと色々な方法を考えて、行動しています。それを達成すれば、自分の強みとなり、目標となるだろうと考えています。

 

こんな人におすすめ

企業の戦略に困っている人 

会社経営を学びたい人

小さな会社の稼ぐ技術

小さな会社の稼ぐ技術

 

 感想

 弱者に弱者の戦略がある。それは弱者が強者に勝てる唯一の方法である。僕も一流大学の人に勝てるわけがないと思っています。ですが、このブログで書評や自分の考えをまとめることを続けます。この小さな行動を積み重ねることで、自分らしさが生まれると考えています。そしてこの自分らしさは僕にしかできない唯一の強みになってくると思う。

 

関連記事

動き出すことの大切さを教えてくれた 

 

さとちん