さとちんdiary

普通の大学生が見たもの、感じたもの、考えたもの

今年の目標

 

こんにちは。さとちんです。

最近は寒くて、家ではベッドの上でふわふわ布団を被って、ゆったりと過ごしています。

 

1月に入って、僕はまだ今年の目標を決めてなかったので、ここで決めたいと思います。

僕の目標は

 

"ずたぼろにされること" 

 

です。

具体的に言うと、

ヨーロッパの授業では手を挙げて発言することが当たり前で、意見を言わないことは論外。その中に自分が入って、世界中の人と意見を交わし合う。

自分の意見が伝わらない。知識不足。まったく相手にならないと思う。

そういったことを通じて、自分自身の生ぬるさに気づきたい。

 

僕の尊敬する先輩は皆こう言います。

 

「学生時代に死ぬような経験をいっぱいしな!」

 

おそらくこの意味は、「学生時代に悩み苦しんだ経験をたくさんするべきだ」ということだと思います。

 そこで得られた「自分は何を感じ、そのために何をし、何を学んだ」という経験は学生生活、就職、人生においてとてもかけがえのないものになると思います。

始めに言った幸せそうな生活は、短期的な幸せで、まったく価値のない

ものかなと心に響きます。。。

 

固くなってしまいましたが、

普通の大学生が交換留学に行って、海外でぼこぼこに打ちのめされてきますので、これからよろしくお願いします。

 

 

p.s日本人と一緒に遊んで、「楽しかった」で終わる留学にはしたくない。

 ぼこぼこにされてきます。