さとちんdiary

普通の大学生が見たもの、感じたもの、考えたもの

お金に不安を持っていた僕:『働く君に伝えたい「お金」の教養』を読んで学んだこと

こんにちは。さとちんです。

読書はアウトプットを行うことで、「自分の血となり、肉になる」と聞いた。だからこれから長すぎず、短すぎない程度で読んだ本のレビューを書いてみようと思う。

 

この本を読もうと思ったきっかけ

1.お金が無くなるのが嫌だった

学生生活で、親からの仕送りとわずかながらのバイトの給料で自分の収入と支出のバランスを考えてこなかった。そこで自分の財布の中身(貯金も含め)について考えてみようと思った。なぜなら、買い物をするときに自分の財布からお金が無くなっていくのが嫌だったから

2.お金持ちになりたかった

理由もなくお金持ちになりたい(お金に困りたくない)という夢・願望があって、それを実現するためにはなにが必要かなと疑問を持ったから。

3.投資を始めたかったから

僕はリスクのあることが好きで投資をやってみたいと思った。しかし、投資ってなんだろう?何をはじめたらいいんだろうと分からなくて、この本を通じて学んでみようと思った。

 

内容

ライフネット生命社長の出口治明が20代の若者が「将来の不安」=「お金の不安」について尋ねられたことからこの本が生まれた。

本書のテーマお金のことで不安に思うことなく、楽しく生きていけるようになること。お金に支配されることなく、お金を支配できるようになること。

就職してからだけでなく学生の時でさえ、お金を持って生きていく。つまり恋人と付き合うよりも長く、一生をかけてお金と付き合う。お金と付き合うことに関して、不安ではなく、楽しく付き合えるようになるのがこの本の目的である。

 

お金の大原則「財産三分法」

1.財布(日常で使うお金) 2.投資(なくなってもいいお金) 3.預金(流動性の高いお金)

手取りでもらったお金をどのように使っていけばいいのかシンプルに3つの原則で説明されている。

財布=日常で使うお金:

「その日に必要なお金を入れておく場所」という考えから数日から一週間分程度のお金をいれておく。 いつも通りの生活をするためのお金を持つというイメージ。

 

投資=なくなってもいいお金:

生活をしていくなかで1カ月にいくらなくなってもいいかを把握することを一番初めにすること。そしてその投資のお金を「お金への投資」だけでなく、「自分への投資」(例:英会話、読書、資格など)へ回すことが大切。

 

預金=流動性の高いお金:

預金は必要な時にいつでも引き出せることに一番の価値がある。しかし自分のセーフティーネット(目標金額)とその期限を決めなければ 、いつまでたっても投資にお金が回らないとも書かれている。

 

本当にその「貯蓄」は必要か? 

お金に対する不安のひとつに「貯めることへの執着」があるような気がしてならない 

毎月いくら貯金しなければいけない、老後のために4000万必要だ。という言葉をそのまま受け取って、多くのお金を貯蓄に回しているひとが多くいる。そのお金は本当に必要なのか?と一度立ち止まって考えてみることを始めてみることが大事。

毎月3万円貯めるよりも「毎月入ってくるお金」を増やす方が生活も豊かになり、不安がなくなると書かれている。

 

 

評価

 ☆☆☆☆☆

 

良かった点、学んだ点

・自分のお金に対する偏見を意識的な考えに変えることができた。

・例や数字を使いながら、かみ砕いて説明されていたので、分かりやすかった。

・お金に対する不安を持つことではなく、お金と楽しく生きることが大切だと理解。

 

悪かった点、不満な点

・ノウハウ本ではないので、すぐに結果がでるとは限らない。

 

感想

 投資と考えると、「お金の投資」ばかり考えていた。しかし「自分への投資」には無限の可能性があるのだとわかった。例)「お金の投資」:お金を100万円→500万円は難しい。「自分への投資」:100万円→500万は達成可能。毎月の飲み会の合計1万円をすぐに出せるのに、自分への投資(本、新聞、洋服)1万円をすぐに出せない自分がいた。自分への投資は見えなくて結果が見えにくいものだけれど、将来どこかで役に立つと思って自己投資を続けてみようと思う。

 お金に関して、いくら貯金があることが大事だとそのまま受け入れて、あまり自分で考えることをしていなかった。お金だけでなく、他のことに関しても自分の頭で納得するまで考えようとする姿勢が大事だと分かった。

 

 まだまだ自分の本のレビューに満足できてない。多くの本のレビューを通して少しずつ自分の学びやスタイル、書き方、経験など多くの成長を遂げていきたい。

 

 

 

 

さとちん