読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さとちんdiary

普通の大学生が見たもの、感じたもの、考えたもの

自分の行動はどうだろう?~『夢をかなえるゾウ』を読んで~

こんにちは、さとちんです。

もうすでにいくつも本は読み終わっていて、アウトプット(自分の記憶に残す)ためにこのブログに書くだけなのですが、なかなか集中力が続かず、書けていません。

集中力は長くは続きませんが、そして誰からも「10冊書評しろ!」と言われてはないですが、書きたくて書きたくてうずうずしている自分もいます。

それはおそらくいくつか理由があって、

 

1.「ハーバードの学生は年100冊以上本を読んでいる」という先輩からの言葉

 一般的な日本の大学生ですが、同じ学生としてハーバード大学の一歩先をやってやる。つまり、「僕は読むだけでなく、書評までしている」という一つの達成感を求めて書きたくなっているような気がします。

2.面白い、楽しいという言葉

このブログを読んでいただいたブロガーさんや友人から面白い、考えさせられたという言葉を頂いて、素直に嬉しくて早く書きたいなとなっている気がします。

3. やることがない

僕は今留学中ですが、毎日忙しいわけではありません。これが留学の現実でした。留学に来る前は、朝から晩まで予習と復習に追われ、授業ではみんなとの劣等感を感じるものだと思っていました。実際は、月の半分は休みでした。(僕の留学先ではの話です。)そのため、何か目標を立てようと思い、月10冊の書評を自分に課しました。

 

夢をかなえるゾウ

この本を読もうと思ったきっかけ

 ・早く成功したかった

僕は具体的な方法とか理由はないけれど、お金持ちか成功者になりたいという夢がありました。そして自己啓発本を読んで、行動して、次の日には忘れてを繰り返していました。何冊も自己啓発書を読んでいて、ちゃんと行動に移せるものはないかと思い、この本を読もうと思いました。

・人気だった

本をよく読むようになって、良書と言われる本や人からおすすめされた本が良いとどの本にも書いてありました。だから僕は気になった分野の本をamazonレビューなどを参考にしながら読むようにしています。そして、この『夢をかなえるゾウ』は人気であり、レビューの評価も高かったのでこの本を読むことにしました。

 

この本について

 ガネーシャ(インドの神様)が成功するための課題を毎日1つずつ出していくことでストーリーは進んでいく。この課題は難しいものではないけれど、人生を変えるほどの大きな効果を持つものである。他の自己啓発とは違い、具体的に成功するための方法が書かれた本である。

 

本の内容を一部紹介

靴をみがく

ガネーシャからの最初の課題がこれでした。けど、これには大事な要因が入っていて、自分の仕事道具をしっかりと手入れしている人はどの仕事にもしっかりとすることができる。その例が野球選手のイチロー。「イチローはほかの選手が先に帰っても ずっと残ってクラブ磨いてた」と書かれています。

 

このサイトにそれについて書かれています。

僕も改めて自分の靴をみると、汚い。たくさん泥がついて、汚れて大切に扱ってませんでした。僕はこの後すぐに靴を磨きました。

 

毎日感謝する

感謝することが大事だと分かっても、意識していないことである。こうやって、ブログが書けるのも、椅子に座れるのも、コーヒーが飲めるのも誰かが頑張ってくれたから過ごすことが出来ている。なにげないことだけれども「ありがとう」の一言でも毎日感謝していこうと思う。

 

成功だけが人生やないし、理想の自分あきらめるのも人生やない。ぎょうさん笑うて、バカみたいに泣いて、死ぬほど幸福な日も、笑えるくらい不幸な日も、世界を閉じたくなるようなつらい日も、涙が出るような美しい景色も、全部全部、自分らが味わえるために、この世界創ったんやからな

僕はこの言葉を読んで、成功することが成功か?という考えにいたりました。成功すれば、お金も地位も手に入ります。けれど、それは幸せなことなんでしょうか。これには何通りもの答えがあると思いますし、僕もこれといった答えが出てないので何も言えません。

 

人は楽しいことしかできない

これは最後のエピローグで主人公がガネーシャから学んだことで一番気に入っている言葉。僕もそう思います。辛いことをしたい人なんていません。成功している人はなにかその人なりの楽しいところを見つけて行動しているのだと思います。例えば、子供の時にテストで100点を取った時に褒められたら、子供にとって勉強が楽しいことになるかもしれません。だから、僕が一番大切なことは「現状を楽しむ」ことだと思います。「その日頑張れた自分をホメる」という課題も自分を楽しくさせるための工夫の一つなのだと思う。

 

評価

☆☆☆☆☆ 

良かった点、学んだ点、

・ストーリー仕立てで行動に移しやすい

・偉人がしてきたことも含め、参考にした文献も書かれている

悪かった点、不満な点

・この本を読んでも、行動に移さないとただの自己啓発本と同じになってしまう

 

感想

この本は2週間前に読み終わっていた。書評のために改めて読み返すと本の印象が違った。それは自分が変わったのか、読み方が変わったのか分からない。本は変わることはできないから自分の何かが変わったのだと思う。この本で学んだことを活かして、これからの生活、意識しながら生きていくぞう。

 

夢をかなえるゾウ

夢をかなえるゾウ

 

 

さとちん