さとちんdiary

普通の大学生が見たもの、感じたもの、考えたもの

文系学部に求められるもの『「文学部廃止」の衝撃』を読んで

僕は「文系」に在学する大学生だ。

大学に在学している間は「文系」というレッテルが貼られている。社会に出たときに、それはコンプレックスや選択を制限するように社会にも浸透している。一部の人は、文系は楽な学部、4年間遊べる学部、役に立たない学部とさえいう人もいる。数年前に文系は廃止すべきだというニュースさえも大きく報道された。

しかし、果たしてそうなのだろうか。文系は無駄な学部なのだろうか。文系に求められているもの、文系が創造するものは何だろうか。

僕はこの本に答えを求めた。

 

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

 

 

目次

第一章 「文系学部廃止」という衝撃
第二章 文系は、役に立つ
第三章 二一世紀の宮本武蔵
第四章 人生で三回、大学に入る
終章 普遍性・有用性・遊戯性
 

この本を読んで僕が考えたこと

文科省は二〇十五年六月八日の通知において、「文系学部を廃止する」とは言っていません。にもかかわらず、「文系学部廃止」の言説が流布していったのは、通知が出された背景を踏まえることも、理解することもせず、安倍政権批判の一環として報道をエスカレートさせたマスコミの責任が最も大きいと言えるでしょう。

  「文系の廃止」が決定されたのではない。この「文系廃止」という情報は、昨今のマスコミの煽るような報道によって間違った情報が拡散してしまったということだった。マスコミが間違って認識したことが悪いのだろうか、それとも間違って捉えるように文書を発表してしまった責任者が悪いのかについての問題を追及する意味はないだろう。なぜなら、大学が文系と理系という二つの枠組みで捉えられていることが世界的に見れば時代遅れであるからだ。それを伝えている、伝えたメディアはいくらあるのだろうか。誰かを批判・ターゲットにするのではなく、世界に目を向けてもいいのではないだろうか。

 報道するものが一度マスコミの標的になってしまうと、坂を転がる雪だるまのように報道が止まることはない。それがたとえ間違った内容であってもだ。メディアの本当の価値とは何なのだろう。更には自分たちがメディアの言うことを過信してはいけないメディアリテラシーの必要性・重要性も求められているのかもしれない。

 

  • 役に立つこと

概して言えば、「役に立つ」ことには二つの次元があります。一つ目は、目的がすでに設定されていて、その目的を実現するために最も優れた方法を見つけていく目的遂行型です。

  これは主に理系が得意とする「役に立つ」ことである。なぜなら、理系はどうすればよくなるのか(how)という問いかけを深めていくからである。

例えば、車で考えてみる。どうすれば安く提供できるか、どうすれ排気ガスを減らせるのか、どうすれば効率よく走れるのかなどの課題を深く追求する。

 目的遂行型は決められた課題、目的をいかに良く解決する。それらは主に1-3年、長くて5年ほどの短期的な問題である。それがこの本で述べられている1つ目の「役に立つ」である。

 

何が目的か最初はわかっていないのですが、その友人や教師の一言が、向かうべき方向、いわば目的や価値の軸を発見させてくれるのです。このようにして、「役に立つ」ための価値目的自体を創造することを価値創造型と呼んでおきたいと思います。

  もう一つの「役に立つ」とは特に文系が考えることである。それは価値の枠組み、目的を創造することである。

例えば、上と同じ車で表現すると、どうなるか。安さ勝負に持っていかず、性能やデザインを独自のモノにしてみる。更にはガソリン自動車から電気自動車へと向かわせる。もしくは飛べる自動車に向かうかもしれない。

 これは企業の戦う土俵を変え、独自の新たな価値を創造する。この価値創造型は価値がいつ変わるか分からないような5年-10年、長くて100年以上の長期的な考えである。これが2つ目の「役に立つ」である。

 

  • 文系が創造していくものとは?

文系の知は、長い時間的射程を持つことにより、既存の方の転換に対応し、新しい価値を創造していくことができます。これは価値創造的な有用性で、私たちの社会の未来に絶対に必要なものです。

 文系は長い時間的感覚を持ち、新しい価値を創造しなければならない。日本はこの価値創造的に考える力が弱いとも書かれている。出る釘は打たれるように日本では既存のものから外れたものは受け入れられないのかもしれない。しかしながら、それが新しい価値の創造物として社会に必要ならば、はみ出ることも間違いではないのかもしれない。

 

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

「文系学部廃止」の衝撃 (集英社新書)

 

 

感想

この本を読んで、僕は文系の知は簡単に手に入れることが出来ないと感じた。なぜなら文系が創造すべきものは未来、特に長期的にまったく見えない価値に向かって考えを巡らせていくからだ。その予測不可能な未来をどう考えるのか、どう作っていくのかは簡単なことではない。良くも悪くも、そこに文系の未来が詰まっているのかもしれない。

 

さとちん